手続き 税金 ショッピングカート

開業届は必要?

開業

ネットショップを個人で始めようという時に、ホームページが公開されれば 実質的にはその時点から営業を開始したことになりますが 行政へ届け出を必ず行う必要はありません。

開業届を行っておくと、税金の面で有利になることもあります

無駄な支出を避けるために、税金に関することもおさえておきましょう。

個人として新しく商売を始める場合は、「開業届」を、所轄の税務署に提出する必要があります。

また、ネットショップの場合は「とりあえず始めてみよう」という場合もありますので、 売上が発生してから開業届を提出しても問題はありません。

青色申告のメリット

青色申告

ネットショップである程度の利益がある場合は、「青色申告」ができるので税制上、有利になります。

有利な点としては、確定申告時に38万円の「基礎控除」が認められることがありますが、 青色申告の場合は更に55万円を所得から差し引く控除が受けられます。

また、青色申告は白色申告に比べて提出する書類も多く、少々手間は増えますが 慣れてしまえば会計ソフトなどをつかってご自分でも挑戦できます。 その上、会計処理をきちんとしている事業主という印象を与えることができるので 銀行からの融資を受ける際にも交渉しやすいというメリットもあります。

また、家族を従業員とした場合、その給与を全額必要経費に計上できるということから、 配偶者と一緒に運営をしていく場合などは、青色申告をした方が得ということになります。

また、税金については年度によって法律が変わる場合もありますので、 一度は税務署の相談窓口で商売について説明をし、どのようにしたらよいか相談をされることをおすすめします。

税務署では確定申告の時期には講習会なども行っていますので ご自分で提出書類を作成されるという方はぜひ足を運んでみてください。

今月のカート付きホームページランキング

1位 カラーミーショッププロ

●ネットショップ初心者でも気軽に始められる●
月額875円〜のリーズナブルな価格。 テンプレートを選ぶだけでその日からネットショップをオープン可能。 自分でゴリゴリタグを書かないとあまり個性は出せませんが、気軽にスタートできるショッピングカートです。

2位 ショップサーブ

●成功店が多い!実績のあるショッピングカート●
長いスパンでショップ経営を考えているなら迷わずショップサーブ。 多彩な決済が月額費無料でつかえるのは大きなポイント。 サポート体制や集客にも力を入れていて、繁盛店が多いショッピングカートです。

3位 イーショップス2

●既にホームページを持っているあなたはこちら●
ショッピングカートだけを貼り付けるタイプの簡単設置カート。 ホームページビルダーとの連携機能もあるので、自分で作りたい方向けです。